果たして乳酸菌のサプリなどは紅茶と一緒に摂取しても構わないか

果たして乳酸菌のサプリなどは紅茶と一緒に摂取しても構わないか

果たして乳酸菌のサプリなどは紅茶と一緒に摂取しても構わないか

私たちが日常的に摂取する食材の中には、体内の水分に関わる物があります。その1つは紅茶ですね。
紅茶を飲むと、頭がスッキリする方々も多いでしょう。現に私も何かに集中したいと思う時には、よく紅茶を摂取します。ただその紅茶と乳酸菌の関連性が気になる方も、中にはいらっしゃるようです。

 

紅茶の水分減少の効果と乳酸菌と一緒の摂取

 

まず前述の紅茶の特徴なのですが、体の水分の減少効果があると言われています。水分補給をする時には、ミネラルウォーターなどは問題ありません。ただ紅茶を摂取すると、逆に体の中の水分が減ってしまうと見込まれているのですね。前述のように気にしている方々は、その効果が心配なようです。
そもそもお腹の中の環境は、水分量に左右される一面があります。ある程度まとまった量の水分がある方が、お腹の環境は整えられる事が多いのですね。つまり水分不足は、便秘の原因になりがちなのです。ですので消化器科の病院の方々は、しばしば水分摂取を勧めているのですが。
そして前述の紅茶には、その水分を減少させる働きがあるので、あまりお腹の中には良くないのではないかと心配な方も見られるようです。まして乳酸菌のサプリなどは、お腹の中の水分量に左右される一面があります。サプリと一緒に多くの水分を摂取した方などは、お通じが改善されている事も多いのですね。しかし紅茶はその水分を奪う働きがあるのですから、果たして紅茶とサプリを一緒に飲んで良いのか否かが気になる方も見られる訳です。

 

乳酸菌と一緒に摂取しても良い理由

 

結論から申し上げれば、特に問題はありません。確かに水分を奪う働きはあるのですが、それでも劇的に奪われる訳ではないので、後者と乳酸菌を一緒に服用しても問題は無いでしょう。
そして、そもそも紅茶は服用するべきなのですね。なぜなら紅茶の中には、多くのポリフェノールが含まれています。ポリフェノールという物質は、お腹の中の善玉菌を増やしてくれる働きがあると見込まれるので、かえって腸内環境が好調になると考えられているのですね。
また一部の紅茶商品の中には、乳酸菌が含まれています。あるキノコ商品なのですが、その中には腸内環境を良くしてくれる乳酸菌が多く配合されているようなのですね。
ですので乳酸菌と紅茶は、一緒に飲んでも問題はありません。ただ紅茶をあまり多く飲みすぎるのは、かえってお腹に対して悪い影響が懸念されるので、適量摂取するよう心がけた方が良いでしょう。何事も加減が大事なのですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ